Dr.林のこころと脳と病と健康

妄想から目をそらせば悲劇招くことも

林公一・精神科医
  • 文字
  • 印刷
絵=画家・絵師 OZ-尾頭-山口佳祐(http://oz-te.com)
絵=画家・絵師 OZ-尾頭-山口佳祐(http://oz-te.com)

妄想をめぐる番外編

 もうお忘れになったかもしれません。

 2017年1月に米フロリダの空港で男が突然銃を乱射し、十数人の死傷者が出るという事件がありました。容疑者は20代の軍人で、「イラク派遣後に精神的に不調だった」と報道されました。その翌日のニュースで「テロの可能性が否定できず調査中」と伝えられました。

 普通はこう考えるでしょう。容疑者には中東で何かあったに違いない。精神的不調って、戦闘で心的外傷後ス…

この記事は有料記事です。

残り2277文字(全文2479文字)

林公一

精神科医

はやし・きみかず 精神科医、医学博士。著書に「統合失調症という事実」「擬態うつ病/新型うつ病」「名作マンガで精神医学」「虚言癖、嘘つきは病気か」など。ウェブサイト「Dr.林のこころと脳の相談室」は、読者からの質問に林医師が事実を回答するもので、明るい事実・暗い事実・希望の持てる事実・希望の持てない事実を問わず、直截に回答するスタイルを、約20年にわたり継続中。