患者の気持ち

思いやり 千葉県柏市・女性(主婦・73歳)

読者投稿
  • 文字
  • 印刷

 ある日の通院治療センター。「お渡ししたいものがあるので待っていました」と若い男性の薬剤師さん。

 治療椅子に腰かけた夫に手渡されたのは、がん患者対象の写真、絵画、絵手紙コンテストのパンフレットだった。

 テーマは「がんと生きる、私の物語。」。作品制作の背景(800字以内のエッセー)を添えること、作品はテーマを表現するものである必要はなく、どんな写真でもいいとのこと。

 以前から、この薬剤師さんは夫の写真談義を聞いてくださっていたようだ。

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文611文字)

読者投稿

毎日新聞紙上、ウェブサイトなどに投稿された読者からの声