街場の医療塾 つるばあさんの上手な医者の使い方

問診票が取り持つ患者と医師の出会い

桜井隆・さくらいクリニック院長
  • 文字
  • 印刷

 病院に初めて受診した時に必ず書かされるのが、問診票だ。

 住所、氏名、生年月日から始まって、いつからどんな症状で、どう困っているのか、また今までかかった病気は?などと、いろいろ書くのはけっこう大変だ。しかも机に向かって座って書くのではなく、大抵は膝の上でボードに紙を乗せて書かされることが多い。なんだか不安定で書きにくい。本当はもっときれいな字なのに……、と落ち着かない。しかも体調が悪い時に「いつからどんな症状」と正確に思い出しながら書くのは、結構つらいものだ。今までの病気についても「あれ、手術をしたのはいつだっけ?」「しまった。お薬手帳忘れた」「今飲んでいる血圧の薬の名前、なんだったっけ?」と混乱することしきり。でも早く書いて受付に出さないと、ほら、後から来た人がもう先に行ってしまう!

 患者さんの立場に立ってみると、実際にいつからどこがどう具合悪いのか、なぜ今日受診したのか……などをきちんと文章にして説明するのはかなり難しい。「家内に病院で診てもらってきなさい、と言われてしかたなく」とか、「友人が腰痛で悩んでいたらがんだったと聞いて、急に心配になって」などと書いたら、医者はどう思うだろう……? そもそもこの痛み、なんと表現していいものやら? ズキズキ? シクシク? きちんと医者…

この記事は有料記事です。

残り1172文字(全文1719文字)

桜井隆

さくらいクリニック院長

さくらい・たかし 1956年、兵庫県尼崎市生まれ。81年、群馬大学医学部卒業。兵庫医科大学内科、大阪大学整形外科などを経て92年、同市でさくらいクリニックを開業。当初から在宅でのみとりを支援し続け、現在までに350人あまりをみとってきた。内科、整形外科、リウマチ専門医。内科、整形外科両サイドの経験から「あなたとあなたの家族の専門医」をめざす。20年にわたり、宝塚歌劇団の主治医も務める。主な著書に「先生‥すまんけどなぁ…」(エピック)、「大往生なんか、せんでもええやん!」(講談社)。さくらいクリニックウェブサイト