Dr.林のこころと脳と病と健康

「夢がかなった自分」を確信 誇大妄想

林公一・精神科医
  • 文字
  • 印刷
絵=画家・絵師 OZ-尾頭-山口佳祐(http://oz-te.com)
絵=画家・絵師 OZ-尾頭-山口佳祐(http://oz-te.com)

あり得ないことを“確信”する「妄想性障害」という病【7】

 人には夢があります。希望があります。なりたい自分があります。それは未来の自分ですが、今の自分がまさにそうだと確信するのが、誇大妄想です。

ノーベル賞候補、そして芸能人との結婚

 大学院で同期だった友人のことです。彼女は一流の国立大学出身ということもあり、とても聡明(そうめい)な女性でした。その後別々の研究所で働いてきましたが、連絡はずっと取り合ってきました。その彼女が、「自分はノーベル賞候補になっている」と言うのです。そのために有名人になってしまい、全世界からマークされて悩んでいるとも打ち明けられました。そしてつい最近、彼女は職を失ってしまいました。「自分にアメリカの大学から教授としてのオファーが来ているのに、自分を手放したくないためにそれを隠している」と上司を責め立ててしまったためです。

 以来、ほぼ毎日のように、私のところへメールや電話が来ます。上司は自分の才能をねたんであれこれ妨害工…

この記事は有料記事です。

残り2217文字(全文2643文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

林公一

精神科医

はやし・きみかず 精神科医、医学博士。著書に「統合失調症という事実」「擬態うつ病/新型うつ病」「名作マンガで精神医学」「虚言癖、嘘つきは病気か」など。ウェブサイト「Dr.林のこころと脳の相談室」は、読者からの質問に林医師が事実を回答するもので、明るい事実・暗い事実・希望の持てる事実・希望の持てない事実を問わず、直截に回答するスタイルを、約20年にわたり継続中。