花粉症の時期はつらいですね。くしゃみが連発して、のどが腫れて、目も痛い。実は、恥ずかしいので皆さん声に出して言いませんが、この時期は尿もれが増えてくるのです。女性泌尿器科に、一年で一番尿もれを訴える患者さんが来院される季節です。

尿もれが花粉症の時期に増える理由

 せきやくしゃみをした時、または何か重いものを持ち上げたり、ゴルフボールを打つような腹部に力のかかる動作をしたりした時に、尿がもれることを「腹圧性尿失禁」と言います。女性に多く、出産直後から出現する人もいます。

 ヒトの骨盤の一番下には骨盤底といわれる、さまざまな筋肉や筋膜が重なってできている薄い層があります。…

この記事は有料記事です。

残り1182文字(全文1468文字)

奥井識仁

よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック院長

おくい・ひさひと 1999年東京大学大学院修了(医学博士)後、渡米し、ハーバード大学ブリガム&ウイメンズ病院にて、女性泌尿器科の手術を習得する。女性泌尿器科とは、英語でUrogynecology。“Uro”は泌尿器科、“Gynecology”は婦人科を意味し、“Urogynecology”で、両科の中間にあたる部門という意味がある。都内の複数の大学病院から専門領域の診療に関する相談を受けながら、「よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック」を運営し、年間約800件の日帰り手術を行っている。水泳、マラソン、トライアスロンなどのスポーツ、音楽(サックス演奏)が趣味で、さまざまなスポーツ大会にドクターとして参加している。著書に「人生を変える15分早歩き」「ドクター奥井と走るランニングのススメ」(いずれもベースボールマガジン社)など。