病気を知る足のクリニック in 医療プレミア

足ゆびのつけ根にしびれ その原因は?

桑原靖 / 足のクリニック 表参道院長

 足(足首から先の部分)に「しびれ」を感じる、と来院される方がおられます。しびれの原因にはさまざまなものがありますが、足から離れた腰が発端になっているケースもあります。しびれの治療では、まず原因となっている部位を特定し、しびれに至るメカニズムをはっきりさせることが大事です。

 「足の診療所」で比較的頻繁に治療する、しびれが主な症状の疾患としては、中ゆびと薬ゆびの間の付け根付近にしびれが出る「モートン神経腫」(モートン病)があります。この疾患も、以前この連載で紹介した外反母趾足底筋膜炎と同じく、「足のアーチ構造の崩れ」によって引き起こされます。今回は、このモートン神経腫について、症状と治療法を紹介しましょう。

神経の分岐点に炎症を起こす

 まず、足の裏を通る神経について説明しましょう。足の裏の神経は、くるぶしの下を通り、途中で枝分かれしながら、つま先に向かって延びています。そしてゆびの付け根あたりでさらに二股に分岐し、ゆびの側面に沿って先端に到達します。特徴的なのは、一つのゆび、例えば中ゆびの右側面と左側面は異なる神経が通っているということです。言い方を変えれば、中ゆびと薬ゆびの間を通ってきた神経は、ゆびの付け根で二股に分かれ、右足の場合、一方は中ゆびの右側面に、もう一方は薬ゆびの左側面を通るわけです。

 このゆびの付け根の分岐点で神経が炎症を起こす疾患がモートン神経腫です。主な症状は、歩行時における足のゆびとゆびの付け根付近のしびれですが、しびれの感じ方も「なんとなくしびれる」「違和感があり、熱っぽい」「他の部分に比べて感覚が薄い」など、人によって、さまざまです。悪化すると画びょうを踏んだような鋭い痛みが生じます。

 モートン神経腫が最も起きやすいのは、中ゆびと薬ゆびの間の付け根の分岐点です。前述のように、この分岐点で分かれた神経は、中ゆびと薬ゆびの側面を通りますから、この二つのゆびの側面もしびれます。より詳しく言うと、この神経はゆびの地面に接する側を支配していますので、中ゆびと薬ゆびの側面、足の裏側に近い部位がしびれることが多い、ということになります。

基本的な足の構造に原因が

 なぜ中ゆびと薬ゆびの付け根に発症しやすいのでしょうか? それは人類共通の「足の基本的な構造」に理由があります。

 足の骨は構造上、二つのブロックに分かれています。一つは親ゆび、人指しゆび、中ゆびの骨がまとまったブロック。もう一つは薬ゆびと小ゆびの骨のブロックです。この二つはいわば2階建てのような構造になっており、親ゆび~中ゆびのブロックが、薬ゆびと小ゆびのブロックの上に重なるように組み合わさっています。そして上下のブロックのつなぎ目が、中ゆびと薬ゆびの間にあるのです。

 このつなぎ目は、表面上は地続きに見えて、「構造的には分かれている」という状態です。そのため、他の場所に比べて余計な力が加わると構造がゆがみやすいという特徴があります。そして、ゆがみが生じるとつなぎ目付近の神経が靱帯(じんたい)など周囲の組織とこすれ合うことになり、炎症が生じて、しびれが起きるのです。

 この骨の構造のゆがみこそ、「足のアーチ構造の崩れ」だと言えます。モートン神経腫は女性に多いのですが、それは女性は男性より足の組織が軟らかく、変形しやすい人が多い傾向にあるからです。また「足に合わない靴」もアーチ構造の崩れを誘発する要因になります。

「予防と治療が一緒」が基本

 最後に、「足の診療所」で行っている診断と治療について紹介します。まず診断ですが、病巣である神経の炎症が足の奥にあるため、足を表面から見てもほとんど変化がありません。足の裏から中ゆびと薬ゆびの間を押してピンポイントで痛みがあるかどうかで、ある程度の診断は付きますが、判断が難しい場合はMRI(磁気共鳴画像化装置)で画像を確認して、診断します。通常のレントゲンや超音波検査では、まず炎症部分は写りません。

 治療は予防とセットで進めるのが基本です。今起きているしびれや痛みをコントロールする治療を行いながら、症状を生む根本的な原因をなくすことを目指します。これが予防にもつながります。

 症状のコントロールの基本は、「安静と冷却」です。ただし、来院されるような患者さんは既に走ったり、長時間歩いたりすることを避け、経験的に冷やして痛みを和らげている方が多い。そのような患者さんには、患部に少量のステロイドを注射し、炎症を一気に抑え込む治療を行います。火事に例えるなら、燃え広がる炎に対して、一気に水をかけて鎮火させる、という感じでしょうか。しかし、これだけでは治療としては十分ではありません。

 注射を打つと痛みは治まりますが、「火種」である「足のアーチ構造の崩れ」はそのままです。それを根本から解消しなければ、再びゆがみが生じ、炎症を繰り返す可能性が高くなります。薬剤による治療と並行して、インソールを使ったアーチ構造の補正が必要です。多くの患者さんは、ステロイドの注射とインソールによって、症状が軽快します。中には、靴を取り替えるだけで、症状が和らぐケースもあります。

腫れた神経を除去する手術も

 一方、インソールと注射だけでは、回復しない人もいます。そのような場合は、神経の炎症部分を除去する手術を行う場合があります。手術後も多少のしびれが残ることはありますが、炎症が強く、歩くたびに強い痛みを感じていた人は症状が軽快して喜ばれます。また神経の回路を断つので、ゆびの感覚が乏しくなることもありますが、数年かけて神経が再生すれば元の感覚が戻ります。この手術は日帰りでも可能です。

 皆さん自身が足にしびれや痛みを感じる場合は、まず歩きやすい靴にはき替えたり、アーチ構造を補正するインソールを試したりしてみてください。それで症状が緩和するのであれば、モートン神経腫の可能性があります。一方で、冒頭に述べたように、腰などに原因があって生じるしびれもありますし、深刻な例では糖尿病が進行して神経全体にダメージが起きている場合もあります。しびれや痛みが強く、改善しない場合はなるべく早めに医療機関を受診することをお勧めします。【聞き手=編集部・吉永磨美】

医療プレミア・トップページはこちら

桑原靖

桑原靖

足のクリニック 表参道院長

くわはら・やすし 2004年、埼玉医科大学医学部形成外科卒業。足に対する悩みを持つ方が多いにも関わらず、足を専門的に診る医療機関はほとんどないという状況に疑問を持ち、2013年、東京・表参道に日本初の足の症状・疾病に特化した「足のクリニック 表参道」(2017年7月に名称変更)を開設。

イチ押しコラム

無難に生きる方法論

季節の変わり目の「めまい、耳鳴り」は気象病かも

 秋が深まり、冬の寒さに切り替わる11月は寒暖の差が大きく、体調を崩す人が多い。寒暖の差が大きいと自律神経が乱れ、めまいや耳鳴り、…

人類史からひもとく糖質制限食

糖質含むカロリー制限食では糖尿病を防げない?

 福岡県久山町は、福岡市の東に隣接する人口約9000人の町です。九州大大学院のチームが1961年以来、40歳以上の町民を対象に脳卒…

旅と病の歴史地図

「海外出張183日」高裁が過労死を認めた理由

 ◇首相の外遊は過重労働? 政治家の海外出張を「外遊」と呼びます。その字を見ると遊びのようにとられますが、この「遊」は「旅」を意味…

超高齢化時代を生きるヒント

「痛みと医療費」二重に苦しむ若年がん患者たち

 高齢化社会をどう生きるか、高齢化社会を支える仕組みが今後どうなるのか--本連載はこれらを中心にお伝えしていますが、若い人から「高…

医をめぐる情景
ドクターヘリで搬送され、救命救急センターに移される負傷者=ドラマのロケ地でもある千葉県印西市の日本医科大千葉北総病院で

障害があっても強く生きる患者と、勇気もらう医師

 ◇ドラマ「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」第3シーズン(2017年) 事故で突然、大切な身体機能を失うことがある。不意に…

Dr.林のこころと脳と病と健康

演技性パーソナリティー障害のうそが肥大する土壌

 ◇うそつきは病気か【5】 自分を実際よりよく見せるためにうそをつくのは、誰でもある程度までならすることです。ではそういう普通の人…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア