5月は職場の転勤、進級、引っ越しなど環境の変化をきっかけに、心の不調が起こりやすい時期。心の不調には漢方薬が効果的ですが、同じ症状を繰り返さないためにはこれまでの生き方を見直すことも重要です。

心の不調は気の巡りをよくして症状を改善

 厚生労働省の患者調査によれば、うつ病などの気分障害により心の病気にかかっている人の数は111万6000人(2014年)で、104万1000人(2008年)、95万8000人(2011年、東日本大震災の一部被災地を除く)と、年々、増加傾向にあります。病気とはいかないまでも眠れない、食欲がない、気分が晴れないなどの症状で悩んでいる人の数はさらに多いでしょう。こうした人に効果的なのが漢方薬です。心療内科でもよく使われています。漢方では心の不調は「気・血・水」(連載第2回参照)のうち、気(精神)のバランスが崩れていることが原因と考えます。漢方薬によって気の巡りをよくすることで症状の改善が期待できます。

 たとえば半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)や抑肝散(よくかんさん)は、古くから気の巡りをよくする「理…

この記事は有料記事です。

残り1518文字(全文1985文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
加藤士郎

加藤士郎

野木病院副院長/筑波大学付属病院臨床教授

かとう・しろう 1982年獨協医科大学卒後、同大第1内科(現心臓・血管内科)入局。88年、同大第1内科大学院卒。第1内科講師、宇都宮東病院副院長などを経て、09年野木病院副院長、筑波大学非常勤講師。同年、筑波大学付属病院総合診療科に漢方外来開設。10年筑波大学付属病院臨床教授(病院)。筑波大学付属病院で漢方外来に従事するととともに、主に学生、研修医を対象に漢方の教育活動を行っている。医学博士、日本内科学会認定医、日本呼吸器学会専門医・指導医、日本東洋医学会専門医・指導医、日本老年医学会専門医など。

イチ押しコラム

Dr.林のこころと脳と病と健康

「依存」と「治療」の見えにくい境界線

 ◇「やめられない」の先にある破滅 依存症【7】 「薬をやめたいんです」という方が精神科を受診されることが時々あります。たとえば、…

無難に生きる方法論

コレステロールが認知症リスクを下げる?

 コレステロールは健康被害の代名詞のような存在だが、以前から指摘しているように体の重要な構成要素の源であり、多くのホルモン、特に性…

医をめぐる情景
「彼女が目覚めるその日まで」全国ロードショー中/配給KADOKAWA ©2016 On Fire Productions Inc.

統合失調症と誤診された“幻聴とけいれん”の正体

 ◇映画「彼女が目覚めるその日まで」(2016年) 幻覚や妄想、躁(そう)うつなどの症状を、統合失調症に代表される精神病と診断する…

人類史からひもとく糖質制限食

「炭水化物が命を縮める」 衝撃論文の中身とは

 「炭水化物の摂取増加で死亡リスク上昇」という内容の論文(注)が2017年、英医学誌ランセットに掲載されました。一般の人には、衝撃…

旅と病の歴史地図

渡航前のワクチン接種が命を救う

 ◇ブラジルで黄熱流行が拡大 今年に入ってからブラジル南東部で黄熱(黄熱病)の流行が拡大しています。ブラジルでは以前からアマゾン川…

超高齢化時代を生きるヒント
1980年は山口百恵さんと三浦友和さんが結婚した年=毎日グラフ1980年12月7日号から

“生涯未婚者急増”でさらに重要「成年後見」

 前回、法定後見が安易に適用されている実態をお伝えしました(「『成年後見』安易な利用で人権侵害のおそれも」)。しかし、成年後見制度…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア