ゴールデンウイークまっただ中ですね。すがすがしい気候ですから、普段スポーツとやや縁遠い人も、ウオーキングなど軽い運動を気持ちよく楽しめるのではないでしょうか。

 さて、以前、この連載でスポーツ中の痛み止めの服用について解説しました(「安易な服用は危険!マラソン中の痛み止め」参照)。今回は、エリートスポーツ選手の間にも広がる痛み止め服用の問題を紹介しましょう。

この記事は有料記事です。

残り1788文字(全文1968文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

奥井識仁

よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック院長

おくい・ひさひと 1999年東京大学大学院修了(医学博士)後、渡米し、ハーバード大学ブリガム&ウイメンズ病院にて、女性泌尿器科の手術を習得する。女性泌尿器科とは、英語でUrogynecology。“Uro”は泌尿器科、“Gynecology”は婦人科を意味し、“Urogynecology”で、両科の中間にあたる部門という意味がある。都内の複数の大学病院から専門領域の診療に関する相談を受けながら、「よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック」を運営し、年間約800件の日帰り手術を行っている。水泳、マラソン、トライアスロンなどのスポーツ、音楽(サックス演奏)が趣味で、さまざまなスポーツ大会にドクターとして参加している。著書に「人生を変える15分早歩き」「ドクター奥井と走るランニングのススメ」(いずれもベースボールマガジン社)など。