医療プレミア特集

母子で飲める薬も 漢方で産後を健やかに

鈴木敬子・毎日新聞 医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷

妊産婦の心強い味方 産前・産後の漢方【後編】

 北海道大学COI(センター・オブ・イノベーション)「『食と健康の達人』拠点」のサテライト、北里大学東洋医学総合研究所(東京都)でこのほど開かれた「女性と漢方を知るセミナー」。前編では、漢方の基礎知識や産前のつらい諸症状に効く漢方薬を紹介しました。後編では、引き続き同研究所の花輪壽彦教授の講演から、出産時や産後に有効な漢方について解説します。

この記事は有料記事です。

残り2826文字(全文3020文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

鈴木敬子

毎日新聞 医療プレミア編集部

すずき・けいこ 1984年茨城県生まれ。法政大卒。2007年毎日新聞社入社。岐阜支局、水戸支局、横浜・川崎支局を経て、15年5月からデジタルメディア局。