誰も言わない うつの本音

うつ病で視力低下も 目と心の密接な関係

西川敦子・フリーライター
  • 文字
  • 印刷

 なかなか治らない目の疾患の陰に、じつは脳の問題が隠れていた--。こんな意外な事実を、井上眼科病院(東京都)の若倉雅登名誉院長が教えてくれた。「加齢のせいかも」などと見過ごしがちな目の不調と心の関係について聞いた。

視力低下の原因はうつ病?

 視力が低下した。乾きがつらい。目が開けづらい。暗いところでもまぶしい。目の周りが勝手に動いてしまう--。目のさまざまな症状の中には、じつは心の問題が関わっている場合があることをご存じでしょうか。

 私は井上眼科病院院長を経て、2012年、名誉院長に着任しました。東京大学医学部非常勤講師、日本神経…

この記事は有料記事です。

残り2949文字(全文3216文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

西川敦子

フリーライター

にしかわ・あつこ 1967年生まれ。鎌倉市出身。上智大学外国語学部卒業。釣り関連の編集プロダクション勤務、温泉仲居を経て、2001年から執筆活動。経済誌、新聞、人事関連雑誌などで、メンタルヘルスや家族問題、働き方をテーマに取材を続ける。著書に「ワーキングうつ」(ダイヤモンド社)など。