みんなの心と体 癒やして守るヒント

禁煙がもたらす国民みんなの幸せ

和田裕雄・順天堂大学准教授
  • 文字
  • 印刷

 前回は、肺がんとたばこの関係をお話しし、疫学データ(人を集団で観察した場合)と個人の運命(個人・個体で観察した場合)とは異なる場合があるというお話で終わりました。今回は両者がなぜ異なるのか、その理由を説明しましょう。

アンジェリーナ・ジョリーさんの予防切除

 最初に、ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーさんの例をみてみましょう(注1)。アンジェリーナさんは、遺伝子検査の結果、「BRCA1」あるいは「BRCA2」というがん抑制遺伝子のうち「BRCA1」に生まれつき変異を持っていることが分かり、「遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)」が疑われました。そこで、将来の乳がん発症予防のために両方の乳房を切除し、続いて、卵巣がん発症予防のために卵巣も切除したと報道されています。実際、アンジェリーナさんの母親は若くして乳がんで亡くなったそうなので、同じ遺伝子変異を持っていたのかもしれません。アンジェリーナさんは、遺伝子検査で自分も同じ病気になる可能性があることを知り、大いに悩んだことでしょう。乳房、卵巣の切除という決断には、相当な勇気と決意が必要だったと思います。

この記事は有料記事です。

残り2251文字(全文2735文字)

和田裕雄

順天堂大学准教授

わだ・ひろお 1993年、東京大学医学部卒。東京大学医学部付属病院、東京大学医科学研究所、英国Imperial College London留学、杏林大学付属病院呼吸器内科学教室などで、特に閉塞性肺疾患、慢性呼吸不全などの呼吸器疾患に焦点を当てて診療・研究・教育に携わってきた。2014年より順天堂大学公衆衛生学講座准教授として、予防医学や産業医学の分野で地域や働く人たちの健康管理にも目を配っている。医学博士、内科学会専門医、呼吸器学会専門医、老年医学会専門医。