医療プレミア特集

高精度セルフチェックで熱中症の危険回避

吉永磨美・毎日新聞 医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷

「熱中症ゼロへ2017」シンポジウムから【後編】

 気象状況や年齢、活動量に応じて出る汗の量や体温の上昇を予測し、「現在のあなたの熱中症危険度」という個別のリスク判断が簡単にできるウェブサービス「熱中症セルフチェック」が4月、公開された。日本気象協会などが展開する「熱中症ゼロへ2017」プロジェクトの一環として、このほど毎日新聞東京本社(東京都千代田区)の毎日ホールで開かれたシンポジウムでは、このサービスの技術監修を担当した平田晃正・名古屋工業大学教授(生体医工学)が講演。サービスの特徴や、背景にある人体シミュレーションモデルの研究について解説した。内容を紹介する。

この記事は有料記事です。

残り1576文字(全文1861文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

吉永磨美

毎日新聞 医療プレミア編集部

よしなが・まみ 1972年生まれ。98年に毎日新聞社入社。横浜支局、東京本社地方部、社会部、生活報道部などを経て、2016年4月から現編集部。近年は「おんなのしんぶん」や連載「ガラスの天井」を担当しながら、女性や難聴など見えない障害をテーマに記事を執筆してきた。