「骨盤臓器脱」というのは、骨盤の中の臓器、つまり、膀胱(ぼうこう)・子宮・直腸などが、膣(ちつ)を通じて落ちてきてしまう女性特有の病気です。骨盤の一番下にある骨盤底という筋肉の集合体が、出産や肥満などに関係して傷ついた場合に起こります。患者さんには、女性器にピンポン玉が挟まったような不快感が生じたり、尿がもれたり、便が出しにくくなったり、とさまざまな違和感が出てきます。今回は、この骨盤臓器脱の手術について解説しましょう。

この記事は有料記事です。

残り2038文字(全文2251文字)

奥井識仁

よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック院長

おくい・ひさひと 1999年東京大学大学院修了(医学博士)後、渡米し、ハーバード大学ブリガム&ウイメンズ病院にて、女性泌尿器科の手術を習得する。女性泌尿器科とは、英語でUrogynecology。“Uro”は泌尿器科、“Gynecology”は婦人科を意味し、“Urogynecology”で、両科の中間にあたる部門という意味がある。都内の複数の大学病院から専門領域の診療に関する相談を受けながら、「よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック」を運営し、年間約800件の日帰り手術を行っている。水泳、マラソン、トライアスロンなどのスポーツ、音楽(サックス演奏)が趣味で、さまざまなスポーツ大会にドクターとして参加している。著書に「人生を変える15分早歩き」「ドクター奥井と走るランニングのススメ」(いずれもベースボールマガジン社)など。