ER Dr.の救急よもやま話

救急外来に行くべき「怖い痛み」は?

志賀隆・国際医療福祉大准教授/同大三田病院救急部長
  • 文字
  • 印刷

 ほとんどの人にとって病院は「行きたくない場所」でしょう。中でも救急外来は、なるべくならば利用しないように、体の異変を感じても我慢してしまうことがあるのではないでしょうか。しかし、我慢をしてはいけないケースもあります。今回は「どんな痛みが怖い痛み?」というテーマで、救急外来を利用すべきタイミングについて取り上げます。

この記事は有料記事です。

残り2199文字(全文2358文字)

志賀隆

国際医療福祉大准教授/同大三田病院救急部長

しが・たかし 1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代より総合診療・救急を志し、米国メイヨー・クリニックでの救急研修を経てハーバード大学マサチューセッツ総合病院で指導医を務めた救急医療のスペシャリスト。東京ベイ・浦安市川医療センター救急科部長などを経て17年7月から国際医療福祉大学医学部救急医学講座准教授/同大学三田病院救急部長。安全な救急医療体制の構築、国際競争力を産み出す人材育成、ヘルスリテラシーの向上を重視し、日々活動している。「考えるER」(シービーアール、共著)、「実践 シミュレーション教育」(メディカルサイエンスインターナショナル、監修・共著)、「医師人生は初期研修で決まる!って知ってた?」(メディカルサイエンス)など、救急や医学教育関連の著書・論文多数。