開眼!ヘルシーアイ講座

ドライアイの改善・予防に効くセルフケア

戸田郁子・南青山アイクリニック院長
  • 文字
  • 印刷

「現代病」ドライアイを知って快適な見え方を【後編】

 パソコン作業など目を酷使する生活や加齢により、あらゆる年齢層で訴えの多いドライアイ。前回は眼科医で行うドライアイ治療について紹介しました。症状の改善には患者さん自身で簡単に行えるセルフケアも有効です。日常生活で気を付けたい予防のポイントとあわせて、引き続き南青山アイクリニック(東京都)の戸田郁子院長に聞きました。

この記事は有料記事です。

残り1428文字(全文1611文字)

戸田郁子

南青山アイクリニック院長

とだ・いくこ 筑波大学卒業、東京慈恵会医科大学眼科、慶應義塾大学眼科学教室に入局。ハーバード大学眼研究所でドライアイの重症型であるシェーグレン症候群の基礎研究に従事した後、97年から南青山アイクリニック院長。専門はレーシックを含む屈折矯正手術。