赤ちゃん学へようこそ

胎児期から始まる赤ちゃんの味覚体験

鈴木敬子・毎日新聞 医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷

 連続講座「赤ちゃん学入門講座~ヒトのはじまりを科学で探る~」(同志社大学主催)の内容を紹介する連載第3回のテーマは、「赤ちゃんの『食べる』」です。赤ちゃんがさまざまなものを食べるようになっていく過程と、望ましい食環境や食事場面における大人の関わり方について、食行動の発達を研究している上野有理・滋賀県立大学人間文化学部教授が解説します。

 皆さんには食べ物の好き、嫌いがありますか? そもそも、私たちには生まれつき食に関する好みがあり、その判断には味覚だけでなく、五感すべてが関わっています。なかでも嗅覚の関わりは強く、食べる時に口の中から鼻に抜けるにおいの通り道を通じて、おのずとにおいの情報も伝わります。鼻をつまんでこの通り道を遮断してしまうと、味が分かりにくくなります。つまり、普段私たちが好き、嫌いと言っている味とは、においの情報がセットになった「風味」であることが多く、これが食べ物のおいしさの判断に関係しているのです。

 視覚と風味の関連も指摘されています。例えば、チェリーの風味が付加された赤と緑の溶液をそれぞれ成人に飲んでもらい、付加された風味を尋ねると、赤い色の溶液の方が言い当てられる割合が高くなります。チェリーは赤いですから、それに合致した視覚情報が付随することでより正確に判断できると言えるでしょう。味や風味の判断には五感すべてが関わっているうえに、それぞれが単独で働くのではなく、お互いに作用しあっているの…

この記事は有料記事です。

残り3538文字(全文4153文字)

鈴木敬子

毎日新聞 医療プレミア編集部

すずき・けいこ 1984年茨城県生まれ。法政大卒。2007年毎日新聞社入社。岐阜支局、水戸支局、横浜・川崎支局を経て、15年5月からデジタルメディア局。