病気が逃げ出すサプリ指南

サプリの先駆け 梅を上手に活用して健康に

丁宗鐵・日本薬科大学学長
  • 文字
  • 印刷

 梅の実が出回る頃になりました。梅干しや梅酒づくりを楽しんでいる方が多いと思います。今のように冷蔵庫が普及していなかった時代、梅干しは暮らしに欠かせないものでした。保存がきく食品であり、おにぎりやお弁当に入れると食品が傷みにくくなり、腹痛などを起こした時には民間薬として大活躍したからです。“健康食品の元祖”ともいえる梅は、もともと漢方薬として伝わってきたもの。その梅をさまざまな食品に加工して利用しているのは、日本独自の食文化です。

この記事は有料記事です。

残り1659文字(全文1876文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

丁宗鐵

日本薬科大学学長

てい・むねてつ 1947年東京生まれ。医学博士。横浜市立大学医学部卒業。同大学大学院医学研究科修了。79年から81年まで米国スローン・ケタリングがん研究所に客員研究員として留学。日本東洋医学会漢方専門医・指導医。北里大学・東洋医学総合研究所研究部門長、東京大学大学院客員教授、東京女子医科大学特任教授を経て現在、日本薬科大学学長、百済診療所院長。近年の著書に「丁先生、漢方って、おもしろいです。」(朝日新聞出版)、「病気がイヤがる暮し方 江戸式健康心得」(春秋社)、「ガンが逃げ出す漢方力」(ヴィレッジブックス)など。