眠りを知れば人生危うからず

新社会人を襲う昼間の眠気の真相

内村直尚・久留米大学教授
  • 文字
  • 印刷

 日本各地が梅雨入りしています。毎年この少し前の時期から、私が勤めている久留米大学病院の睡眠外来では、4月に就職したばかりの新社会人の受診者が増えてきます。彼らの多くは「昼間の耐えられない眠気」を訴えます。中には業務時間の会議中や上司と話しながら居眠りをしてしまい、上司の命令で受診したという深刻な事例もあります。

 なぜこの時期に新社会人の受診者が増えるのでしょうか。「眠りを知れば人生危うからず」と題したこの連載…

この記事は有料記事です。

残り2089文字(全文2296文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

内村直尚

久留米大学教授

うちむら・なおひさ 1982年、久留米大学卒業。86年に久留米大学大学院医学研究科修了(医学博士)後、87年5月~89年4月に米国Oregon Health Science Universityへ留学。帰国後、久留米大医学部神経精神医学講座の助手、講師、助教授を経て、2007年4月から同講座教授に就任した。11年4月~13年3月、久留米大学病院副病院長。12年4月から久留米大学高次脳疾患研究所長、13年4月から同大医学部長を務め、16年10月からは同大副学長も兼務する。国内トップレベルの睡眠医療チームを率いる睡眠研究の第一人者。著書(分担執筆)に「睡眠学」(朝倉書店)、「プライマリ・ケア医のための睡眠障害」(南山堂)など。