赤ちゃん学へようこそ

保育室が危ない!? 響きすぎる音の悪影響

鈴木敬子・毎日新聞 医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷

 連続講座「赤ちゃん学入門講座~ヒトのはじまりを科学で探る~」(同志社大学主催)の内容を紹介する連載第6回のテーマは、「赤ちゃんと環境」です。現在の保育環境は多種多様ですが、赤ちゃんの発育を支えるうえで最も必要な環境条件は何でしょうか。特に音の環境に関して配慮すべきことについて、乳幼児の歌唱音声の発達を研究している志村洋子・埼玉大学名誉教授が解説します。

この記事は有料記事です。

残り4248文字(全文4426文字)

鈴木敬子

毎日新聞 医療プレミア編集部

すずき・けいこ 1984年茨城県生まれ。法政大卒。2007年毎日新聞社入社。岐阜支局、水戸支局、横浜・川崎支局を経て、15年5月からデジタルメディア局。