がんをあきらめない 難敵に挑む医師・患者・家族

機能温存を目指す 頭頸部がん治療のいま

福島安紀・医療ライター
  • 文字
  • 印刷

 舌、口の中、のど、鼻、耳などに発生する頭頸(けい)部がんは、治療内容によっては、食事の摂取、会話、嗅覚、聴力、視力、呼吸などに支障をきたしかねない病気です。治療には手術、放射線療法、薬物療法の三つがありますが、どのような時、手術が必要になるのでしょうか。頭頸部がんの外科治療と病院の選び方について、日本頭頸部癌学会理事長で国立がん研究センター東病院頭頸部外科長の林隆一さんに聞きました。

 --頭頸部がんで手術が勧められるのはどういう時ですか。

 手術が適しているかどうかは、がんが発生した部位や組織型、進行度によって判断することになります。頭頸部がんの中でも舌がん、歯肉がんなどの口腔(こうくう)がん、甲状腺がん、耳下腺がんは、外照射による放射線治療が効きにくいので、他の臓器に転移がない限り、初回治療は手術になります。例えば、舌がんなら、手術でがんをその周囲の組織と共に取り除きます。早期の舌がんで部分切除なら、舌の機能にはほとんど影響が出な…

この記事は有料記事です。

残り2956文字(全文3378文字)

福島安紀

医療ライター

ふくしま・あき 1967年生まれ。90年立教大学法学部卒。医療系出版社、サンデー毎日専属記者を経てフリーランスに。医療・介護問題を中心に取材・執筆活動を行う。社会福祉士。著書に「がん、脳卒中、心臓病 三大病死亡 衝撃の地域格差」(中央公論新社、共著)、「病院がまるごとやさしくわかる本」(秀和システム)など。興味のあるテーマは、がん医療、当事者活動、医療費、認知症、心臓病、脳疾患。