消化器がんと闘う医師 その名も小高雅人!!!

直腸がんと縁が深い人工肛門との付き合い方

小高雅人・佐野病院消化器がんセンター長
  • 文字
  • 印刷

人工肛門ってどんなもの?

 今回は「人工肛門」のお話です。皆さんは人工肛門がどのようなものかご存じでしょうか? あるいはどのようなイメージをお持ちでしょうか?

 人工肛門という言葉自体は、恐らく一度は耳にされたことがあるのではないかと思います。公共施設でオストメイト(人工肛門、人工膀胱<ぼうこう>を使用している人)に対応したトイレを見かけることも増えてきました。しかし、人工肛門とそれを使用している人の生活を実際に見たことがある、知っているという方はまだ少ないのではないかと思います。

 人工肛門という言葉を辞書で引くと「腸管を体外に引き出して、内容物を排出できるように造設された人為的…

この記事は有料記事です。

残り2106文字(全文2397文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

小高雅人

佐野病院消化器がんセンター長

こたか・まさひと 大阪府生まれ、1997年高知医科大学(現・高知大学医学部)卒業。同大学付属病院第1外科、高知県立中央病院(現・高知医療センター)外科、国立がんセンター(現・国立がん研究センター)東病院大腸骨盤外科などを経て、2006年から佐野病院消化器センターに勤務。13年同病院消化器がんセンター長に就く。専門は胃がん、大腸がんの手術と化学療法、その他の消化器がん治療。