どう知る?どう使う?健康・医療情報

トクホ許可の条件にもランダム化比較試験

北澤京子・医療ジャーナリスト/京都薬科大学客員教授
  • 文字
  • 印刷

友人同士の会話

A「ランダム化比較試験って知ってる?」

B「えっ、ガンダムが四角四面?」

A「違うよ! ガンダムじゃなくてランダム!」

B「知らないよ、僕には関係ないね」

A「関係あるよ、君が飲んでいるお茶でも行われているんだよ」

「トクホ」にもランダム化比較試験

 治療法の効果を厳密に評価する際は、大勢の人をくじ引きのような偶然に基づいて2群に分けた上で、片方には検証したい治療法を行う、もう片方には行わないことにして、結果を比較する臨床試験が行われます。このような試験のことを、ランダム化比較試験(RCT)といいます。

 RCTが行われるのは、薬に限りません。健康食品のうちトクホ(特定保健用食品)では、RCTを行ってそ…

この記事は有料記事です。

残り1843文字(全文2148文字)

北澤京子

医療ジャーナリスト/京都薬科大学客員教授

きたざわ・きょうこ 医療ジャーナリスト、京都薬科大学客員教授。著書に「患者のための医療情報収集ガイド」(ちくま新書)、訳書に「病気の『数字』のウソを見抜く:医者に聞くべき10の質問」(日経BP社)、「過剰診断:健康診断があなたを病気にする」(筑摩書房)