超高齢化時代を生きるヒント

明日は我が身 介護で半生を失った女性の生涯

小野沢滋・みその生活支援クリニック院長
  • 文字
  • 印刷

 超高齢社会。何とも活気に乏しく嫌な感じを受ける言葉ですが、「おまえ100まで、わしゃ99まで」が実現した理想郷とも考えられます。この連載では、超高齢社会の実態を調査や統計に表れた数字を見ていくと同時に、実際の医療や介護の現場でどのようなことが起きているのかをお伝えしたいと思います。これから親の介護をする世代の人たちや、そのうち必ず訪れる自分たちの老後について考えたいと思っている人たちにとって役立つヒントになることを望んでいます。

この記事は有料記事です。

残り2472文字(全文2689文字)

小野沢滋

みその生活支援クリニック院長

おのざわ・しげる 1963年相模原市生まれ。90年東京慈恵会医科大学医学部卒業。在宅医療をライフワークにしようと、同年から亀田総合病院(千葉県鴨川市)に在籍し、99年同病院の地域医療支援部長に就任。22年間、同病院で在宅医療を中心に緩和医療や高齢者医療に携わってきた。2012年に北里大学病院患者支援センター部副部長を経て、13年に同トータルサポートセンター長に就任。同病院の入院患者に対して、退院から在宅医療へスムーズに移行できるよう支援してきた。16年相模原市内で在宅医療専門の「みその生活支援クリニック」を開設。亀田総合病院在宅医療部顧問。日本在宅医学会認定専門医。プライマリケア連合学会認定医、日本緩和医療学会暫定指導医。日本在宅医学会前理事。日本医療社会福祉協会理事。一般法人社団エンドライフケア協会理事。相模原町田医療介護圏インフラ整備コンソーシアム代表。