理由を探る認知症ケア

「認知症予防」の落とし穴

ペホス・認知症ケア・コミュニケーション講師
  • 文字
  • 印刷

 「できることなら、認知症にはなりたくない」--。

 いまでは、こうした意識を多くの国民が持ち合わせています。そのため、「認知症予防」への国民的関心は高まるばかりで、「◯◯をすれば認知症にならない」「□□を食べると認知症を予防できる」というキャッチフレーズがあれば、テレビ番組の視聴率は上がり、雑誌の販売部数は伸びます。同様に、健康食品会社も右肩上がりで売り上げを伸ばします。高齢者はどんどん増えるのですから、「認知症予防」への関心が高まるのも自然な流れです。

 しかし、いま日本で繰り広げられている「認知症予防」には、いくつかの落とし穴があります。

この記事は有料記事です。

残り1803文字(全文2076文字)

ペホス

認知症ケア・コミュニケーション講師

ペ・ホス(裵鎬洙) 1973年生まれ、兵庫県在住。大学卒業後、訪問入浴サービスを手がける民間会社に入社。その後、居宅介護支援事業所、地域包括支援センター、訪問看護、訪問リハビリ、通所リハビリ、訪問介護、介護老人保健施設などで相談業務に従事。コミュニケーショントレーニングネットワーク(CTN)にて、コーチングやコミュニケーションの各種トレーニングに参加し、かかわる人の内面の「あり方」が、“人”や“場”に与える影響の大きさを実感。それらの経験を元に現在、「認知症ケア・コミュニケーション講師」「認知症ケア・スーパーバイザー」として、介護に携わるさまざまな立場の人に、知識や技術だけでなく「あり方」の大切さの発見を促す研修やコーチングセッションを提供している。著書に「理由を探る認知症ケア 関わり方が180度変わる本」。介護福祉士、介護支援専門員、主任介護支援専門員。アプロクリエイト代表。