医療プレミアニュース

更年期と健康を考えるシンポ/10月14日大阪で

医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷

 ウィメンズ・ヘルス・アクション実行委員会と毎日新聞社は10月14日(土)、世界メノポーズデーに合わせ、更年期の女性の健康を考える「ウィメンズ・ヘルス・アクションシンポジウム in 大阪」を、大阪市北区の梅田スカイビル「ステラホール」で開催します。申し込み先着500人を無料でご招待します。

 英語のメノポーズ(Menopause)とは、「更年期」を表す言葉です。閉経を挟む10年の更年期に体の不調を訴える女性は多く、不調を「更年期症状」、日常生活に支障が出るほどの重い症状を「更年期障害」と呼びます。

 毎年10月18日は「World Menopause Day (世界メノポーズデー)」です。 1999年に開かれた第9回国際閉経学会で、高齢化社会の到来を受け、更年期の健康に関わる情報を全世界に提供する日、と定めることが決まりました。

この記事は有料記事です。

残り880文字(全文1247文字)

医療プレミア編集部

毎日新聞医療プレミア編集部は、国内外の医師、研究者、ジャーナリストとのネットワークを生かし、日々の生活に役立ち、知的好奇心を刺激する医療・健康情報をお届けします。