口から考える命と心と病

体にすみ着く常在菌が原因 誤嚥性肺炎

落合邦康・日本大学特任教授
  • 文字
  • 印刷

 ヒトの体に生息する常在菌は、口腔(こうくう)、鼻・咽頭(いんとう)、皮膚、消化管、生殖器などに複雑な細菌叢(そう)を形成し、人と生涯生活を共にします。そもそも、常在菌はなぜ存在するのでしょうか。それは、細菌と人類の誕生の歴史をみると理解できます。

 地球が誕生したのは46億年前。地球上の最初の生命体である細菌は約45億~35億年前に出現しました。最も古い人類の祖先とされるサヘラントロプス・チャデンシスは約700万~600万年前に地球上に現れたそうです。この流れを1年間に凝縮し、地球が誕生した日を1月1日とすると、細菌の出現は2月下旬で、人類の祖先が出現したのは12月31日の午前になるといいます。

 つまり、人類は生命体の新参者として、細菌が至るところに存在する環境に誕生したのです。そのため、外界…

この記事は有料記事です。

残り2282文字(全文2633文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

落合邦康

日本大学特任教授

おちあい・くにやす 1973年、日本大学農獣医学部(現・生物資源科学部)獣医学科卒業。73年に日本大学松戸歯科大学(現・松戸歯学部)で副手(研究助手)となり、口腔(こうくう)細菌の研究を始める。75年に松戸歯学部助手に就任し、78~80年は米国University of Alabama at Birminghamへ留学。82年に歯学博士号を取得した。87年に松戸歯学部講師、2000~05年に明海大歯学部教授、05~15年に日本大学歯学部教授を歴任。15年4月から日本大学歯学部特任教授。エイズやインフルエンザ、アルツハイマー病と歯周病菌の関係、口腔細菌と腸内細菌の関係など、独創的でありながら人々に身近な研究で注目されてきた。著書(監修、共著)に「腸内細菌・口腔細菌と全身疾患」(シーエムシー出版)や「口腔微生物学―感染と免疫―」(学建書院)など。