ER Dr.の救急よもやま話

医師が正しい診断に行き着く三つのポイント

志賀隆・国際医療福祉大准教授/同大三田病院救急部長
  • 文字
  • 印刷

 前回は、シフトワーカーの睡眠についてお話をしました。今回は、医師が患者さんの診断の際にどのようなアプローチから結論に至るかについての考察から、我々の日常の判断のおおもととなっている「直感」と「理性(仮説演繹法)」についてお話ししたいと思います。

医師の診断も直感と理性に行き着く

 「あの企業の業績データから直感的に危機を感じたため、対策をとった」などという“直感が鋭い”先輩に出会ったことはないでしょうか?

 この先輩のように、人間の判断はまず、このあと説明する「システム1」と言われる直感によって行われるこ…

この記事は有料記事です。

残り2811文字(全文3064文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

志賀隆

国際医療福祉大准教授/同大三田病院救急部長

しが・たかし 1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代より総合診療・救急を志し、米国メイヨー・クリニックでの救急研修を経てハーバード大学マサチューセッツ総合病院で指導医を務めた救急医療のスペシャリスト。東京ベイ・浦安市川医療センター救急科部長などを経て17年7月から国際医療福祉大学医学部救急医学講座准教授/同大学三田病院救急部長。安全な救急医療体制の構築、国際競争力を産み出す人材育成、ヘルスリテラシーの向上を重視し、日々活動している。「考えるER」(シービーアール、共著)、「実践 シミュレーション教育」(メディカルサイエンスインターナショナル、監修・共著)、「医師人生は初期研修で決まる!って知ってた?」(メディカルサイエンス)など、救急や医学教育関連の著書・論文多数。