どう知る?どう使う?健康・医療情報

調査結果の偏りを招く「選択バイアス」

北澤京子・医療ジャーナリスト/京都薬科大学客員教授
  • 文字
  • 印刷

母と娘の会話

娘「40代女性の90%が運動好きなんですって」

母「そんなに? 運動ゼロの私は少数派ってこと?」

娘「そうよ。お母さんもこのクラブに入ったら?」

母「クラブって何の?」

娘「これ、駅前のスポーツクラブの会員アンケートの結果なの」

母「なあんだ。それなら90%でも不思議じゃないわね」

世論調査の対象者の選び方

 衆院選の投票日(10月22日)が近づいてきました。メディアでは連日のように、重要政策への賛否や各党の支持率など、世論調査の結果が報道されています。

 “世論”=世間一般の意見といっても、国民全員から意見を聞いているわけではなく(そんなことをしていた…

この記事は有料記事です。

残り1793文字(全文2071文字)

北澤京子

医療ジャーナリスト/京都薬科大学客員教授

きたざわ・きょうこ 医療ジャーナリスト、京都薬科大学客員教授。著書に「患者のための医療情報収集ガイド」(ちくま新書)、訳書に「病気の『数字』のウソを見抜く:医者に聞くべき10の質問」(日経BP社)、「過剰診断:健康診断があなたを病気にする」(筑摩書房)