医療・健康Tips

長引く腰痛には、脳や感情が影響している

  • 文字
  • 印刷

 1カ月以内に1日以上続く腰痛がある人は、約2800万人と推計されています。腰痛の原因はさまざまですが、アメリカのプライマリ・ケア(初期治療を担い、総合的な医療を提供する医療機関)受診者では、原因が特定できる腰痛は全体の約15%で、残りの約85%を占めるのは原因がはっきりしない「非特異的腰痛」です。

ストレスが腰痛の原因になる!?

 最近の研究で、非特異的腰痛のなかには、精神的なストレスが関係して起こるいわゆる「心因性腰痛」が多くみられることがわかってきました。人間関係などのストレスが影響して腰痛が起こり、寝こむほどの激しい痛みを感じるケースや、腰痛が長期化して、家事や仕事など日常に支障を来してしまうことも少なくありません。

 このストレスが原因で腰痛が起こる仕組みは、脳の働きと深い関係があると考えられています。まず、腰に痛…

この記事は有料記事です。

残り2498文字(全文2862文字)