Dr.林のこころと脳と病と健康

「報酬は現金」で急速に重症化 ギャンブル依存

林公一・精神科医
  • 文字
  • 印刷
絵=画家・絵師 OZ-尾頭-山口佳祐(http://oz-te.com)
絵=画家・絵師 OZ-尾頭-山口佳祐(http://oz-te.com)

「やめられない」の先にある破滅 依存症【2】

 ギャンブルという言葉からまず何を連想しますか? ルーレット? ポーカー? 競輪や競馬? どれも確かに代表的なギャンブルですが、日本で圧倒的に多いギャンブル依存の対象は、パチンコ・スロットです。こんな40歳の会社員の男性が典型例です。

 家庭を大切にし、できるだけ夕食は家族と一緒に食べるようにしていた彼は、パチンコに熱中するようになってから変わってしまいました。「仕事が忙しくなって残業が増え、帰宅が遅くなった」と妻にはうそをつき、実は毎日夜遅くまでパチンコをするようになったのです。そのうち昼間も、仕事の外回り中にパチンコ店に立ち寄るようになりました。パチンコをしないと落ち着かず、仕事にならないのです。でも、立ち寄ったパチンコ店にそのまま何時間も入り浸ってしまうので、仕事どころではなく、業績は落ちる一方でした。

 そしてパチンコはお金がかかります。妻に内緒で定期預金を解約したり、消費者金融で借金したり……。借金…

この記事は有料記事です。

残り2232文字(全文2662文字)

林公一

精神科医

はやし・きみかず 精神科医、医学博士。著書に「統合失調症という事実」「擬態うつ病/新型うつ病」「名作マンガで精神医学」「虚言癖、嘘つきは病気か」など。ウェブサイト「Dr.林のこころと脳の相談室」は、読者からの質問に林医師が事実を回答するもので、明るい事実・暗い事実・希望の持てる事実・希望の持てない事実を問わず、直截に回答するスタイルを、約20年にわたり継続中。