誰も言わない うつの本音

ドラマ「コウノドリ」の自称イクメンと産後うつ

西川敦子・フリーライター
  • 文字
  • 印刷

 「産科から退院したら『今日の飯、何?』」「家ではスマホ、外では子煩悩」。無理解な夫に妻たちはキレる寸前だ--。TBSの金曜ドラマ「コウノドリ」で描かれる自称イクメンに母親たちが憤り、「#うちのインティライミ」というタグとともに、産後のつらさに共感してくれない夫への怒りと不満をSNSで吐き出している。

 「産後うつギリギリの女性は、じつは8割」。こんな結果が、産前・産後のケアや啓発活動を行うNPOマド…

この記事は有料記事です。

残り3157文字(全文3358文字)

西川敦子

フリーライター

にしかわ・あつこ 1967年生まれ。鎌倉市出身。上智大学外国語学部卒業。釣り関連の編集プロダクション勤務、温泉仲居を経て、2001年から執筆活動。経済誌、新聞、人事関連雑誌などで、メンタルヘルスや家族問題、働き方をテーマに取材を続ける。著書に「ワーキングうつ」(ダイヤモンド社)など。