Dr.林のこころと脳と病と健康

逮捕されても制御不能の衝動…セックス依存

林公一・精神科医
  • 文字
  • 印刷
絵=画家・絵師 OZ-尾頭-山口佳祐(http://oz-te.com)
絵=画家・絵師 OZ-尾頭-山口佳祐(http://oz-te.com)

「やめられない」の先にある破滅 依存症【3】

 自分がセックス依存ではないかと悩む26歳独身女性のお話です。

奔放な女性の性行動は依存か?

 幼少期から家族関係も良好、幸せな家庭で育ちました。今は仕事も友人関係も楽しくやっており、人から見たらなんの問題もない、むしろ成功している人間だと思います。ところが、私はもしかしたらセックス依存と呼ばれるものではないかと心配になっております。性欲は子どもの頃から人一倍強かったと思います。小学校にあがる前の幼少期より、自覚なく自慰行為をしていました。小学生のとき、どうしても人に体を触ってほしかったので、男子に頼むのはよくないと思い女友達と裸でいちゃいちゃしていました(女性には興味はないです。最中は目を閉じて男性のことを考えていました)。

 それでも同時に私はいわゆる優等生で、18歳で彼氏ができるまでは実際の性行為はしたことがありませんで…

この記事は有料記事です。

残り2052文字(全文2439文字)

林公一

精神科医

はやし・きみかず 精神科医、医学博士。著書に「統合失調症という事実」「擬態うつ病/新型うつ病」「名作マンガで精神医学」「虚言癖、嘘つきは病気か」など。ウェブサイト「Dr.林のこころと脳の相談室」は、読者からの質問に林医師が事実を回答するもので、明るい事実・暗い事実・希望の持てる事実・希望の持てない事実を問わず、直截に回答するスタイルを、約20年にわたり継続中。