開眼!ヘルシーアイ講座

稲光やちりが見え、視野が狭まる…目に何が?

栗原俊英・慶應義塾大学特任准教授
  • 文字
  • 印刷

裂孔原性網膜剥離【前編】

 「“目の毒”と日々闘う網膜の仕組み」でお話ししましたが、網膜は、神経細胞の集まりである「感覚網膜」とそれを構造的・機能的に支える「網膜色素上皮」に分かれます。光を受け止める視細胞は感覚網膜の一番奥に存在しますが、この細胞は網膜色素上皮と接していなければうまく機能することができません。この「感覚網膜」が「網膜色素上皮」から離れてしまうことを網膜剥離と言います。

 今回と次回の2回で、網膜剥離とはどのような病気なのか、治療法はどのように進展したのかについて述べた…

この記事は有料記事です。

残り1917文字(全文2160文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

栗原俊英

慶應義塾大学特任准教授

くりはら・としひで 2001年に筑波大学医学専門学群卒業後、同年、慶應義塾大学医学部眼科学教室入局。09年、慶應義塾大学大学院医学研究科修了(医学博士)、09~13年米国スクリプス研究所研究員。帰国後、13年に慶應義塾大学医学部眼科学教室助教、15年に同教室特任講師を経て、17年から同教室特任准教授。網膜硝子体が専門。慶應義塾大学病院で網膜硝子体外科外来、メディカルレチナ外来を担当すると共に、医学部総合医科学研究センター光生物学研究室(栗原研究室)で低酸素環境における網膜の反応、光環境に対する生体反応を中心に研究を展開する。