みんなの心と体 癒やして守るヒント

HOT患者の働き方を制限する社会のバリアー

和田裕雄・順天堂大学准教授
  • 文字
  • 印刷

慢性呼吸不全患者の生活【後編】

 前回は、慢性呼吸不全を患い在宅酸素療法(Home Oxygen Therapy :HOT)で治療中の患者さんの苦しみについてお話ししました。今回はHOTを受ける患者さんの仕事・就業に焦点を当てて考えてみます。

HOT患者の低い就業率

 私は2015年まで、前職の大学病院の外来で呼吸器疾患の患者さんを診察していました。当時、多くの患者さんから、HOTは「見かけが悪い」「常に鼻にカニューラ(チューブ)を装着し、酸素供給機器を携行しているのは面倒だ」「2台目の酸素ボンベ設置は保険適応外で、また場所も取るため、職場に酸素ボンベを持って行くことができない」などと訴えられました。その度に、低酸素状態や間欠的低酸素状態(酸素濃度が低下したり正常レベルに戻ったりを繰り返す状態)が健康へ及ぼす影響、HOTの有効性を説明して理解を求めてきました。

 しかし、仕事については、本音では「病人に仕事をさせるなんて、とんでもないことだ。休ませてあげられる…

この記事は有料記事です。

残り2211文字(全文2643文字)

和田裕雄

順天堂大学准教授

わだ・ひろお 1993年、東京大学医学部卒。東京大学医学部付属病院、東京大学医科学研究所、英国Imperial College London留学、杏林大学付属病院呼吸器内科学教室などで、特に閉塞性肺疾患、慢性呼吸不全などの呼吸器疾患に焦点を当てて診療・研究・教育に携わってきた。2014年より順天堂大学公衆衛生学講座准教授として、予防医学や産業医学の分野で地域や働く人たちの健康管理にも目を配っている。医学博士、内科学会専門医、呼吸器学会専門医、老年医学会専門医。