どう知る?どう使う?健康・医療情報

「物忘れ改善のエビデンス」の読み解き方

北澤京子・医療ジャーナリスト/京都薬科大学客員教授
  • 文字
  • 印刷

夫婦の会話

妻「高校の同窓会で、同級生の名前を思い出せなくて困ったわ。認知症の兆候だったらどうしよう」

夫「僕にも経験あるし、きっとただの物忘れだよ。そういえば最近、物忘れに効くという薬の広告を見たぞ」

妻「耳寄りな話ね。でも“物忘れに効く”ってどういうこと?」

夫「決まってるじゃないか。忘れていたことを思い出すのさ」

妻「うーん……同級生の名前は思い出したいけど、せっかく忘れていた数学の成績を思い出すのは勘弁願いたい…

この記事は有料記事です。

残り2055文字(全文2261文字)

北澤京子

医療ジャーナリスト/京都薬科大学客員教授

きたざわ・きょうこ 医療ジャーナリスト、京都薬科大学客員教授。著書に「患者のための医療情報収集ガイド」(ちくま新書)、訳書に「病気の『数字』のウソを見抜く:医者に聞くべき10の質問」(日経BP社)、「過剰診断:健康診断があなたを病気にする」(筑摩書房)