病気が逃げ出すサプリ指南

基本中の基本「サプリの前にまず食事」

丁宗鐵・日本薬科大学学長
  • 文字
  • 印刷

漢方薬の歴史とサプリの未来(3)

 一般向けから医療用までサプリメントの利用が広がってくると、これからは過剰摂取と副作用についても注意が必要です。

 ビタミン剤などは商品名で処方されるため、二重に服用して副作用が出る例があります。また、薬との飲み合わせの問題があり、治療薬を服用している時は、特に慎重に、というのが私の意見です。安全な使い方が分かるまで、サプリメントの利用は保留にしたいところですが、摂取するなとも言えません。過剰摂取や副作用のリスクを減らすには、利用する側も正しい利用法を心得ておくことが大切でしょう。

この記事は有料記事です。

残り1599文字(全文1857文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

丁宗鐵

日本薬科大学学長

てい・むねてつ 1947年東京生まれ。医学博士。横浜市立大学医学部卒業。同大学大学院医学研究科修了。79年から81年まで米国スローン・ケタリングがん研究所に客員研究員として留学。日本東洋医学会漢方専門医・指導医。北里大学・東洋医学総合研究所研究部門長、東京大学大学院客員教授、東京女子医科大学特任教授を経て現在、日本薬科大学学長、百済診療所院長。近年の著書に「丁先生、漢方って、おもしろいです。」(朝日新聞出版)、「病気がイヤがる暮し方 江戸式健康心得」(春秋社)、「ガンが逃げ出す漢方力」(ヴィレッジブックス)など。