Dr.林のこころと脳と病と健康

説明不能の理由で手が延びて…クレプトマニア

林公一・精神科医
  • 文字
  • 印刷
絵=画家・絵師 OZ-尾頭-山口佳祐(http://oz-te.com)
絵=画家・絵師 OZ-尾頭-山口佳祐(http://oz-te.com)

「やめられない」の先にある破滅 依存症【4】

 ネット依存、ギャンブル依存、セックス依存など、行動に依存する病気について、前回までご紹介してきました。どれも精神科の治療の対象になる病気ですが、依存する行動が法に触れる行為だったときに、本人にとっても社会にとっても深刻で複雑な問題が生まれます。そのひとつが、盗みがやめられないというクレプトマニア(窃盗症)です。まず、万引きで逮捕された24歳女性のケースをご紹介しましょう。

この記事は有料記事です。

残り2348文字(全文2558文字)

林公一

精神科医

はやし・きみかず 精神科医、医学博士。著書に「統合失調症という事実」「擬態うつ病/新型うつ病」「名作マンガで精神医学」「虚言癖、嘘つきは病気か」など。ウェブサイト「Dr.林のこころと脳の相談室」は、読者からの質問に林医師が事実を回答するもので、明るい事実・暗い事実・希望の持てる事実・希望の持てない事実を問わず、直截に回答するスタイルを、約20年にわたり継続中。