医療・健康Tips

「低栄養」ってなに? 若い女性の“やせすぎ”は危険

  • 文字
  • 印刷

 BMI(肥満度)は普通なのに、ダイエットをしていませんか? 不必要な食事制限で、必要な栄養が体に行き渡らなくなると、心身の不調や、将来、病気になりやすいリスクを招きかねません。さらに女性の健康は、産まれてくる子どもの健康にも影響があるので、注意が必要です。

 平成27年「国民健康・栄養調査」によると、BMI(肥満度)が18.5以下の「やせ」の割合は、男性4.2%に対し、女性は11.1%と大きな差があります。さらに女性の年代別データを見ると、20代女性は22.3%という高い数値。20代女性の5分の1以上がやせすぎなのです。

 若い女性にやせが多いのは、「やせているほうがきれいに見える」という「やせ願望」から、食べる量を少なくしていることが主な原因といえます。しかしこれでは、摂取カロリーや栄養素の量が低下します。

 健康のために必要なカロリーや栄養素が足らない状態を「低栄養」といいます。1日に必要なカロリーは、身長や活動量などによって異なるものの、20代女性で「職場では座り仕事が主体、買い物や家事をひと通り行う」といった場合は1950kcalが目安です。しかし、実際に摂取されているカロリーの平均値は1706kcalです。

この記事は有料記事です。

残り3051文字(全文3565文字)