医療・健康Tips

高血圧との関連が深い視覚障害とは?

  • 文字
  • 印刷

 網膜静脈閉塞症は眼の中で出血を起こす代表的な病気のひとつです。その名前の通り、網膜の静脈が詰まってしまう病気です。

 この病気は50歳以上の人に多く、とくに高血圧との関連が深く約8割は高血圧の人で占められています。高血圧による血管のダメージが影響していると考えられ、高血圧以外でも、糖尿病や緑内障のある場合にも発症することがあります。

 網膜の静脈が詰まって血液の流れが阻害され、浮腫(むくみ)や出血などが起こります。とくに網膜の動脈と…

この記事は有料記事です。

残り974文字(全文1191文字)