病気を知る開眼!ヘルシーアイ講座

剥がれた網膜を戻す 治療最前線

栗原俊英 / 慶應義塾大学特任准教授

裂孔原性網膜剥離【後編】

 前回の「稲光やちりが見え、視野が狭まる…目に何が?」で、網膜剥離の種類、裂孔(れっこう)原性網膜剥離が起こる仕組みと症状について述べました。今回は裂孔原性網膜剥離(前回に引き続き単に「網膜剥離」と呼びます)の治療方法についてお話しいたします。

◇治療の原則は裂孔閉鎖

 網膜剥離の原因は、網膜が裂けてできる穴(網膜裂孔)であり、全ての網膜裂孔を閉じれば治療は可能です。このことを今から約100年前に発見したのが、スイスにあるローザンヌ大学のゴナン氏(Jules Gonin)で、1919年ごろから一連の研究発表を行いました。当時は、眼球の壁の強膜に切れ目を入れ、そこから熱した「こて」で網膜の外側にやけどを作る「烙刺(らくし)法(Ignipuncture)」という手法で網膜裂孔閉鎖を行いました。しかし、この方法は眼球にかかる負担が大きく手技も煩雑でしばしば大きな合併症を伴い、あまり普及しませんでした。

 その後、45年、ドイツ人眼科医マイヤーシュビッケラート氏(Gerd Meyer-Schwicker…

この記事は有料記事です。

残り2510文字(全文2973文字)

栗原俊英

栗原俊英

慶應義塾大学特任准教授

くりはら・としひで 2001年に筑波大学医学専門学群卒業後、同年、慶應義塾大学医学部眼科学教室入局。09年、慶應義塾大学大学院医学研究科修了(医学博士)、09~13年米国スクリプス研究所研究員。帰国後、13年に慶應義塾大学医学部眼科学教室助教、15年に同教室特任講師を経て、17年から同教室特任准教授。網膜硝子体が専門。慶應義塾大学病院で網膜硝子体外科外来、メディカルレチナ外来を担当すると共に、医学部総合医科学研究センター光生物学研究室(栗原研究室)で低酸素環境における網膜の反応、光環境に対する生体反応を中心に研究を展開する。

イチ押しコラム

無難に生きる方法論
 

子どもの肩こりとぜんそくは「不登校サイン」かも

 不登校の子どもの治療をしていると、患者とその親の知り合いやうわさを聞きつけた人から「うちの子どもも治療してほしい」と頼まれること…

実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-
 知られたくない恋もある

麻疹・風疹防ぐには「私生活公開」よりワクチンで

 2016年夏をほうふつさせるような麻疹の流行が広がっています。日本は15年に世界保健機関(WHO)から「麻疹の排除状態」にあると…

理由を探る認知症ケア
 

「お風呂には入りません」拒否行動の真の理由は

 ◇デイサービスでお風呂を断るNさん 軽いアルツハイマー型認知症のNさん(80代女性)は、長女一家の隣の家で1人暮らしをしています…

ボストン発 ウェルエイジング実践術
 ファストフードも「超加工食品」の一種だ

大人気だが寿命を縮める?「超加工食品」とは

 「超加工食品」という言葉をご存じでしょうか。大ざっぱにいうと、大量生産されてさまざまな加工が施され、調理しなくても簡単においしく…

超高齢化時代を生きるヒント
 

技量も経験もない「かかりつけ医」という幻想

 「かかりつけ医を持ちましょう」――。こんな言葉を聞いたことがあると思います。厚生労働省や医師会は、かかりつけ医を持つことを推進し…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア