女性のためのおしりのはなし

食物繊維と発酵食品で腸内フローラを改善!

野澤真木子・日本橋レディースクリニック院長
  • 文字
  • 印刷

腸は「第2の脳」 腸内細菌の悪化が病気の原因に

 腸内細菌が大きな注目を集めています。私たちの腸の中には、1000種類100兆個以上の細菌がすんでおり、それらの菌が糖尿病、動脈硬化、炎症性腸疾患、非アルコール性脂肪性肝炎、うつ病など、さまざまな病気とも関わりがあることが分かってきたからです。

 以前は、腸は単に便を作るだけの臓器と考えられていました。しかし、現在では、腸の中に生存する腸内細菌の遺伝子の量は、人間の持つ遺伝子の100倍以上と言われており、私たちが生きていくために重要な存在となっています。また、緊張したりストレスを感じたりした時に下痢をするなど、腸と脳は、神経やホルモンなどを介して互いに影響を及ぼし合っている臓器です。そのため腸は「第2の脳」とも言われています。腸管には、体全体の免疫細胞の半分以上が集まっていて、体を守る働きを果たしています。

 腸内細菌は肥満とも関わっています。特に、「腸内細菌にはやせ菌と肥満菌がある」と注目されたのが、米国…

この記事は有料記事です。

残り1515文字(全文1945文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

野澤真木子

日本橋レディースクリニック院長

のざわ・まきこ 杏林大学医学部卒業。杏林大学医学部付属病院第一外科に入局し、消化器外科を専門とする。その後、松島病院大腸肛門病センター、松島ランドマーククリニック院長を経て、2008年4月、女性専門の肛門科胃腸内科として「日本橋レディースクリニック」(東京都中央区)を開設。2013年7月には、おなかやおしりの健康に必要な「食」の提案を行う拠点として、クリニックと同じビルに「フローラカフェ by NLC」を併設、普段の食生活を見直しながら腸内環境を整え、病気を予防する試みを紹介している。日本大腸肛門病学会専門医、日本大腸肛門病学会指導医、日本外科学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本消化器外科学会認定医、日本医師会認定産業医。