医療・健康Tips

家族性ALSの遺伝的背景が明らかに

  • 文字
  • 印刷

 2014年に国内外の著名人が参加して行われたアイスバケツチャレンジを覚えているでしょうか。頭からバケツいっぱいの氷をかぶるこのイベントをきっかけにALSという病気のことを知った人も少なくないでしょう。家族性ALSは遺伝が関与しているALSですが、その仕組みが少しずつわかってきました。

 ALS=筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう)は、脳や末梢神経から出た指令を筋肉へ伝える神経細胞(運動ニューロン)に変性や脱落が起こり、指令が伝わらなくなるために、運動機能に障害が起こる病気です。

 手を上げる、物を持つ、歩く、話す、ものを飲み込むなどの動作が少しずつ困難になります。最終的には呼吸…

この記事は有料記事です。

残り1155文字(全文1457文字)