医療・健康Tips

かぜのひきはじめにとりたい食材とは……

  • 文字
  • 印刷

 漢方医学では風邪を「ふうじゃ」と呼び、体に邪気が入ることが原因と考えられています。

 かぜを長引かせないために、「食養生」と呼ばれる漢方の考えをとり入れ、初期の段階でしっかり治しましょう。

 食養生とは、食べ物が持つ力を健康維持に役立てるというもの。かぜをひいたときに効果がある、おすすめの食材を紹介します。

 寒気、くしゃみ、鼻水など、かぜのひきはじめの症状がみられたら、体を温める食材をとりましょう。代表的な食材は、しょうが。すりおろしたしょうがを、紅茶やホットミルク、みそ汁やスープなどに加えれば、簡単にとり入れることができます。

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文852文字)