医療・健康Tips

皮膚がんの前兆!? ボーエン病とは

  • 文字
  • 印刷

 がんになる前段階の病理的な変化を「前がん病変」といいます。そのひとつに「ボーエン病」があります。放置すると、皮膚がんのひとつ「有棘(ゆうきょく)細胞がん」に進行する場合があるので、気になる皮膚の変化は専門医に診てもらいましょう。

 がんは通常長い時間をかけて形成されます。がんになる前の「前がん病変(前がん状態)」の段階で見つけ、適切な治療を開始すれば、がん化を遅らせたり防いだりすることが可能だといえます。

 ボーエン病とは、有棘細胞がんの前がん病変で、中年以降で多くみられます。皮膚は外側から、表皮、真皮、皮下組織で成り立っていますが、ボーエン病は表皮にある「有棘層」に発生します。

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文945文字)