生命の時計から考える健康生活

花粉症の「アレルゲン免疫療法」は夜が効果的

柴田重信・早稲田大学教授田原優・カリフォルニア大学ロサンゼルス校助教
  • 文字
  • 印刷

体内時計が制御するアレルギー反応【3】

 福岡市など早いところでは2月下旬からスギ花粉の飛散がピークを迎えそうです。すでに飛散が始まっている地域もあり、鼻水やくしゃみで毎日イライラしている花粉症の方もいると思います。今回は、花粉症に対して唯一、長期にわたって症状が出なくなる「寛解」を目指す「アレルゲン免疫療法」と体内時計についてご紹介したいと思います。これまでの研究で、この療法は夜、寝ている間に行う方が効果が高いことが分かっています。それはなぜでしょうか。前回、前々回に引き続き、山梨大学免疫学講座の中村勇規講師にお話をうかがいながら紹介したいと思います。

この記事は有料記事です。

残り2634文字(全文2913文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

柴田重信

早稲田大学教授

しばた・しげのぶ 1953年生まれ。九州大学薬学部卒業、薬学研究科博士修了。九州大学助手・助教授、早稲田大学人間科学部教授などを経て、2003年より早稲田大学理工学術院教授。薬学博士。日本時間生物学会理事、時間栄養科学研究会代表。時間軸の健康科学によって健康寿命を延ばす研究に取り組む。専門は時間栄養学、時間運動学とその双方の相乗効果を健康に活かす商品・プログラム開発。田原助教との共著に「Q&Aですらすらわかる体内時計健康法-時間栄養学・時間運動学・時間睡眠学から解く健康-」(杏林書院)。

田原優

カリフォルニア大学ロサンゼルス校助教

たはら・ゆう 1985年生まれ。早稲田大学理工学部、同大学大学院先進理工学専攻卒業。博士(理学)。早稲田大学助手を経て、2015年より早稲田大学高等研究所助教、17年1月よりカリフォルニア大学ロサンゼルス校医学部助教。07年より、柴田重信教授と共に、時間栄養学研究の確立に取り組んできた。また、発光イメージングによるマウス体内時計測定、ストレスによる体内時計調節などの成果も発表している。常にヒトへの応用を意識しながら、最先端の基礎研究を行っている。柴田教授との共著に「Q&Aですらすらわかる体内時計健康法-時間栄養学・時間運動学・時間睡眠学から解く健康-」(杏林書院)。