医療・健康Tips

覚せい剤や大麻など違法な薬物依存には治療が必要

  • 文字
  • 印刷

 覚せい剤や大麻など、違法薬物への欲求が抑えられなくなる薬物依存症。日本は国際社会と比べ治療面で遅れがみられていましたが、近年、治療が必要な病気であることが理解されるようになり、さまざまな支援が進められています。

 薬物依存症とは、大麻や麻薬、覚せい剤、シンナーなどの薬物を使いたいという欲求が抑えられなくなり、やめたいと思ってもやめられない状態をいいます。薬の作用で脳の働きに異常が起こり、使用を中断すると、イライラ、頭痛、手の震え、幻覚、妄想などの離脱症状があらわれることがあります。

 意思や理性では制御できない病的な状態なので、家族や周囲にやめると伝えても、また手を出してしまいます…

この記事は有料記事です。

残り1052文字(全文1345文字)