実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-

狂犬病のワクチンをうつべき人は?

谷口恭・太融寺町谷口医院院長
  • 文字
  • 印刷

 過去のコラム「世界で最も恐ろしい生物とは?」では、どの生物がどれくらい人間を殺しているかについて述べました。そのランキングで第4位の座を占めているのが「犬」です。日本にいれば、なんで犬が怖いの?と感じられますが、海外に渡航したときには犬のリスクを軽視してはいけません。今回は、連載第3回の「感染症対策の日韓比較~日本が進んでいること~」で少し紹介した、狂犬病についてまとめてみたいと思います。

 まずは狂犬病のおそろしさから確認しましょう。この感染症は発症すれば100%死亡します。実は、発症しても助かった人が過去に4人とか5人とか言われることがあるのですが、きちんと検証されたかどうかには異論もあり、現実的には「100%死亡」と考えるべきです。日本ではとりあえずは過去の感染症と考えて差し支えありませんが、現在も世界では毎年数万人が死亡しています。1956年以降は国内感染の報告はありませんが、かつて猛威をふるった歴史があり、25年には1年で2000人以上が死亡しました。

 発症すれば短期間で死に至ります。また、死までの数日間の苦痛も相当なものです。私は過去にある学会で、ひとりの患者さんが苦しみながら死んでいく様子をおさめたビデオを見たことがあります。なんと、この映像は厚生省(当時)により50年に撮影されたものです。今の時代ならプライバシーの観点から作製されないでしょうが、当時はそのような概念がなかったのでしょう。4歳の男の子が入院してから死に至るまでの経過が、顔が…

この記事は有料記事です。

残り2333文字(全文2970文字)

谷口恭

太融寺町谷口医院院長

たにぐち・やすし 1968年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。91年関西学院大学社会学部卒業。4年間の商社勤務を経た後、大阪市立大学医学部入学。研修医を終了後、タイ国のエイズホスピスで医療ボランティアに従事。同ホスピスでボランティア医師として活躍していた欧米の総合診療医(プライマリ・ケア医)に影響を受け、帰国後大阪市立大学医学部総合診療センターに所属。その後現職。大阪市立大学医学部附属病院総合診療センター非常勤講師、主にタイ国のエイズ孤児やエイズ患者を支援するNPO法人GINA(ジーナ)代表も務める。日本プライマリ・ケア連合学会指導医。日本医師会認定産業医。労働衛生コンサルタント。主な書籍に、「今そこにあるタイのエイズ日本のエイズ」(文芸社)、「偏差値40からの医学部再受験」(エール出版社)、「医学部六年間の真実」(エール出版社)など。太融寺町谷口医院ウェブサイト