明日のきれいのつくり方

女性の人生変えるホルモン 補充する?しない?

山下理絵・湘南藤沢形成外科クリニックR総院長
  • 文字
  • 印刷

 23年半勤務した大病院を、2018年3月で退職することにしました。午前6時半に出勤、7時から病棟回診、8時から外来開始(通常は9時開始)。最近はなるべく早く帰るようにしていますが、4年前までは帰宅は深夜0時半で、家にいるのは5時間程度。かなりハードな生活スタイルでした。今「医師の過労死」が問題になっていますが、研修医時代と同様の生活を23年以上継続しながらも、私は学生時代に励んだバスケットボールのおかげで、病欠することなく終えることができました。

 医師の業務は、外来や手術だけでなく、患者さんには見えていない仕事が毎日山積みです。退職を簡単に考え…

この記事は有料記事です。

残り2153文字(全文2429文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

山下理絵

湘南藤沢形成外科クリニックR総院長

やました・りえ 2018年4月から湘南藤沢形成外科クリニックR総院長。外傷や再建、腫瘍など形成外科の診療はもちろんのこと、子供のあざやしみなどのレーザー治療では定評があり、多くの講演や教育を行っている。最近では、幹細胞を用いた乳房再建を行い、ウーマンライフのQOLの向上にも努めている。趣味と実益を兼ねたライフワーク「癒やしと美肌」への探究心は、1泊3日の過激な海外出張へも駆り立てる。信条は「気になるものは、まず自分で試す」。前職は湘南鎌倉総合病院の形成外科・美容外科部長、形成再生医療センター長。湘南藤沢形成外科クリニックR