医療・健康Tips

自宅でできる透析療法「腹膜透析」とは?

  • 文字
  • 印刷

 日本で透析療法を受けている人は32万人を超え、糖尿病により腎不全となる人の増加や高齢化の進む影響で、年々増えています。現在、透析の方法は大きく2つあります。血液透析と腹膜透析(PD)があります。今回はあまり知られていない腹膜透析について紹介しましょう。

 腎臓の機能が失われ、薬などでは回復が見込めなくなると(末期腎不全)、体内の老廃物や塩分、水分などの排せつ・調節ができなくなり、生命に関わります。そのため、誰かの腎臓を移植するか、生涯にわたって定期的な透析が必要です。

 現在、腎臓移植を行える人は1割未満で、9割以上の患者さんは透析となります。今では透析のシステムや技…

この記事は有料記事です。

残り1221文字(全文1507文字)