現代フランス健康事情

食べて飲んで長生きフランス人健康の秘密

竹内真里・パリ在住ライター
  • 文字
  • 印刷
パリ市内のマルシェ(市場)。新鮮な食材を求めて多くの市民が集まる=竹内真里撮影
パリ市内のマルシェ(市場)。新鮮な食材を求めて多くの市民が集まる=竹内真里撮影

 日本から9000キロ以上離れたフランス。芸術と美食の国の平均寿命は男性75.3歳、女性85.4歳(フランス国立統計経済研究所2016年)と、かなり長寿。彼らが好む食事は高脂質ハイカロリーで酒飲みも多い。喫煙にも寛容だ。フランス人と結婚して17年、パリ生活4年目の筆者が、人間くさく矛盾に満ちたフランス人の暮らしぶりと健康観、長生きの秘密を日本人の目で観察してみる。【ライター・竹内真里】

この記事は有料記事です。

残り2372文字(全文2566文字)

竹内真里

パリ在住ライター

1978年千葉県生まれ。2000年から2002年までフランス南部マルセイユに滞在。その後、東京や香港でライターとして取材・執筆に従事。2015年に再びフランスへ。現在はパリ市内でフランス人の夫、娘と暮らしながら現地情報を発信している。